Message

四季の表情のはっきりした能登で、豊かな食材に触れ、
それを取り巻く人々に出会い、能登の文化を知る。

料理人の僕にとって、とても刺激的であり、でもどこかほっとする
この地に”自分の店を”と考えたのは自然な流れでした。

“料理は素材を超える事は出来ない”

とはフランスの師の言葉ですが、能登の豊富な食材に
6年半のフランス生活のエッセンスを加えて、
能登だから出来るフランス料理を、と考えています。

ご縁あって羽咋市に来たのは2014年。
さらなる出会いと創造を求めて前進していきます。

クロシェットでのひと時が皆様の思い出の1ページに加われば、
これ以上無い喜びです。

La clochetteは、フランス語で「小さな鐘」と言う意味があります。
お店のドアを開ければかわいらしい鐘の音が響きます。
その音が聞こえれば、美味しく楽しいひと時の始まり。
能登の片隅に、小さな鐘を鳴らしに来てください。

橋田 祐亮

1980年 東京都生まれ。辻調理師専門学校フランス校を卒業、フランス・リヨンのポール・ボキューズ(三つ星)にて研修。

2002年 東京・広尾のフランス料理店「サリュー」に勤務。

2008年 渡仏。
Michel Trama***(Puymirol)、
Lou Cigalon*(Valbonne)、
Maison Decoret*(Vichy)、
La mare aux oiseaux *(saint Joachim)、
Hostellerie Le Cèdre(Beaune)、
L’axel*(Fontainebleau)、
Villa archange**(Le cannet)  等、
星付きレストランを中心に9店で修行。Villa archange**ではスー・シェフとしてカンヌ国際映画祭のVIP席の料理を3年連続で担当。スウェーデンの料理フェア、シャガール美術館でのフェア、旧ロスチャイルド邸でのフェア等にも同行。

2014年12月帰国、翌1月石川県羽咋市に移住。

2015年 夢喰庵(石川県羽咋市)にて勤務。

2016年 ミシュランガイド 富山・石川特別版にて一ツ星を獲得。ガイドブック Gault &Millau東京・北陸2017に掲載1トック(11/20)

橋田 香南子

1983年 東京都生まれ。調理師専門学校エコール辻東京、Ecole Hôtelière TSUJI(フランス・リヨン校)を準首席で卒業。

東京・広尾のフランス料理店「サリュー」に勤務。

2008年 渡仏。
Maison Decoret*(Vichy)、
Hostellerie Le Cèdre(Beaune)、
Villa archange**(Le cannet)
にサービスマン、パティシエとして勤務。カンヌ映画祭会場の菓子作りのチームにも参加。

2014年12月帰国、翌1月石川県羽咋市に移住。